セカンドリーグ茨城(NPO法人)「誰もが安心して暮らせる地域づくりのために、地域の資源をつなげ「協働型社会」を実現します。

セカンドリーグ茨城 | 誰もが安心して暮らせる地域づくりのために

【団体紹介】 種っとわーく

団体名種っとわーく
代表者名鈴木 美穂
活動エリア水戸・ひたちなか・那珂
住所
電話番号090-9827-1924
Eメールアドレスinfo@laughychildren.jp
ホームページURLhttps://www.facebook.com/TanetworkIbaraki/
会費の額無し ※勉強会・交流会・イベントによっては、参加費を徴収する場合もある。
団体設立趣旨、団体の目的など「種っとわーく」は、茨城県中央・県北など地元地域コミュニティーを中心に、『月経・妊娠・出産・育児』をキーワードに活動する個人や団体が繋がり、協力し合いながら、日々の暮らしにおける本来の「身体・心・食」のあり方、扱い方を共に学び合う場の提供やイベント等の企画開催、また情報発信を行っています。
団体の活動内容・状況など〇企画開催:助産師と専門家によるママのための講座/笑顔の苗をたくさん植える お産カフェ「えなの会」
※2016年度「パルシステム茨城くらし活動助成基金」助成事業
助産師のケアをしている中で、悩みを抱える、沢山のお母さん達に出逢います。そんな中、お母さんたちの抱える様々な負担や不安、悩みが軽減され、気軽に参加できる講座です。講座内容は、お母さんご自身の身体と心が休まり、またご自身でできるケア方法を学び、日常生活の中で楽しく、気軽に自分の身体と心を大事にして頂ける内容となっています。
※概要:月に一度 テーマを変えて、専門家による講演を中心にシェアリングを行います。講座は、単発で受講しても可能な内容としています。(2016年11月~2017年8月)
①お産カフェ:子育ての原点である自分のお産を振り返る、②お産カフェ:いろんなお産の方法がある、③卒乳講座、④うまれてきてくれてありがとう、子育てを振り返る、⑤自分の体と仲良しになる方法Ⅰ、⑥離乳食講座、⑦病気になる前にできる家庭でできるお手当方法、⑧パートナーシップを考える、⑨自分の体と仲良しになる方法Ⅱ、⑩月経との付き合い方
〇企画開催:自分で作った大豆で手前味噌~作ろう♪」
①MY大豆種蒔の巻き、②MY大豆草刈の巻き、③MY大豆収穫の巻き、④MY味噌作りの巻き(2016年度終了、2017年7月~2018年2月開催予定)
〇開催協力:映画「いただきます」上映会×みそまるWS in茨城(2017年7月1日開催予定)
そのほか、伝えたいこと、セカンドリーグ茨城にPRしてほしいことなど趣旨賛同頂きました個人や団体の思い=「種」が繋がり、協力=しながら現在、少しずつ「種っとわーく」の輪が広がっています!Facebookページ: https://www.facebook.com/TanetworkIbaraki/ にて随時、情報を発信していますので、是非ご覧ください。
・みどりご助産院 池田梨恵(那珂市)
・Laughy Children 鈴木美穂(ひたちなか市)
・Private salon aoi 藤倉かほり(ひたちなか市)
・鉾田自然派お母さんの会 浅田道子(鉾田市)
・ドロップス ベイビー (日立市)
・やさと森のようちえん あおぞら♪(石岡市)
・こそだて ちえのわ(石岡市)

 - 子育て支援, 市民活動支援

  関連 記事一覧