セカンドリーグ茨城(NPO法人)「誰もが安心して暮らせる地域づくりのために、地域の資源をつなげ「協働型社会」を実現します。

セカンドリーグ茨城 | 誰もが安心して暮らせる地域づくりのために

【団体紹介】 元気UPヒアリングセンター

団体名元気UPヒアリングセンター
代表者名平塚 和史
活動エリア県西・県南・県央
住所茨城県下妻市原881番地1
電話番号0296-45-1038
Eメールアドレスmptbw717@yahoo.co.jp
ホームページURLhttps://sites.google.com/site/genkiuphc/
会費の額なし
団体設立趣旨、団体の目的などうつ病等の精神疾患にかかる人や、自殺する人のいない地域社会の実現に寄与したいと思っています。その
ために、ストレスに負けない、元気な心を育てることを目的とした活動をしています。
団体の活動内容・状況など4つのテーマを柱として活動しています。
①「在宅支援」 自殺願望のある人やうつ病の人の、自宅や病院を訪問して話を聴いています。必要に応じて、毎年1~2人は在宅支援をしています。
②「セミナー」 <ストレス対策セミナー><傾聴セミナー><保護者のためのセミナー>を実地しています。中でも<自殺対策セミナー>は最も広域での活動となり、9市2町で実施しました。
③「人材養成」 ストレス問題に対応出来る人材を養成するため、<ストレス研究会>を下妻市に作りました。他の自治体でも立ち上げて、同様に人材養成を図って行きたいと思っています。
④「面会交流」 離婚や別居で離れ離れになっている親と子が、面会出来るように支援しています。昨年の支援回数は40回ですが、今年度は60回に増えそうです。また母親同士の情報交換の場として<シ
ングルライフ研究会>を作り、2ヶ月に1度、子どもと一緒に集まってもらっています。
そのほか、伝えたいこと、セカンドリーグ茨城にPRしてほしいことなど1週間に1度、ブログを更新しています。「元気UPブログ」で見て頂けますので、是非。

 - 市民活動支援

  関連 記事一覧