セカンドリーグ茨城(NPO法人)「誰もが安心して暮らせる地域づくりのために、地域の資源をつなげ「協働型社会」を実現します。

セカンドリーグ茨城 | 誰もが安心して暮らせる地域づくりのために

セカンドリーグ茨城について

セカンドリーグ茨城がめざすこと

地域の課題解決に意欲的に取り組む市民や団体に対して、情報の提供、運営の相談、相互の交流、協働の促進をすすめ、弱体化しつつある地域コミュニティの再生と、地域社会と行政との協働の機会を創出し、「協働型社会」の実現をめざします。

また、子育て家族を軸にした情報交換や学び合う場を通し、子育て世代の養育者が安心して活躍できる環境を地域の中に生み出していくことを目的とします。

※「協働型社会とは」…行政、企業、NPO、市民団体、市民がお互いに責任・役割を分担し合いながら連携して豊かな地域づくりをすすめること

セカンドリーグは 子育て世代の応援と、暮らしや地域の課題解決をし、暮らしやすい茨城をめざします!

セカンドリーグ茨城でできること

地域の課題解決に取り組む団体・個人の支援をおこないます。

*起業支援、講座、学習会、各種相談(経営支援・資金調達・組織運営など)をおこないます。
*生協のネットワークやノウハウを活用し、団体のPRなどがおこなえます。

子ども・子育て支援を担う団体や個人を支援します。

*チャイルドリーグ・子育てネットなどの活動をとおして、地域の団体や個人が出会い、つながる「場」を提供します。
*子ども・子育て団体の立ち上げや運営支援をおこないます。
*子ども・子育て支援に関わる人達への「学びの場」を提供します。

事業を推進するために調査研究をおこないます。

◎セカンドリーグ茨城のミッション

誰もが安心して暮らせる地域づくりのために、地域の資源をつなげ「協働型社会」を実現します。
地域の課題解決に意欲的に取り組む市民や団体に対し、情報の提供、運営の相談、相互交流、協働の促進をすすめ、弱体化しつつある地域コミュニティの再生と地域社会と行政との協働の機会を創出し、「協働型社会」の実現をめざします。
また、子育て家庭を軸にした情報交換や学び合う場を通し、子育て世代の養育者が安心して活躍できる環境を地域の中に生み出していくことを目的に活動しています。
セカンドリーグ茨城は子育て世代の応援と暮らしや地域の課題解決をし、暮らしやすい茨城づくりを目指します。